江名の古民家ホームステイ

ヘッダータイトル画像.jpg

かつては船主が住んでいた古民家でホームステイをしながら、江名の人たちといっしょに「江名の町」を再生するお手伝いをしませんか?

 

江名のご紹介

 

江 名 の 所 在 地

福島県、浜通りの最南端に位置するいわき市。その太平洋に突き出たあたり・・・ここに古くから漁港として栄えた江名の町があります。

いわき市.jpg 江名地図.png

 

 

江 名 の 変 遷 ~ な ぜ「再 生」な の か ~

 

1.かつては漁業で繁栄したみなとまちでした。

 

地形にめぐまれ、昔から湯長谷藩の海の玄関口として、小型船が利用するみなとまち。明治42年に築港計画が立案され、大正10年から築港がすすみ沿岸、沖合、遠洋漁業で栄え、福島県有数の漁港として発展してきました。

 

昭和47年の江名港全景

47年の江名港.jpg

第1船溜り奥に造船所、第2船溜り奥に江名漁協の建物が見える。

 

2.漁業の衰退とともに、過疎化、人口減少がすすむ江名

 

遠洋漁業を生業としてきた江名は、漁業政策に対応するようにまちそのものを発展させてきました。 遠洋漁業の衰退とともに、江名の賑わいの灯は消えていきました。

 

1976年の200海里問題を発端に漁業繁栄に立ちはだかる法整備
2007年からはじまる江名漁港の終焉
江名の人口は1/3に!

人口減少グラフ.jpg

 

3.2011年3月11日 東日本大震災 江名港は津波で壊滅的な被害を被った!!

 

江名港は6.81mの津波が襲い、334人163世帯が被災しました。約2割の世帯が全壊、半数以上の家屋が一部損壊しました。

津波.jpg

 

4.かつては漁船が何隻も停泊し、賑わっていた江名港。復旧はしたものの、船も停泊しない、何もない港になってしまった・・・

 

すでに漁港の機能はなくなり避難港となった、江名港。銀行、映画館、飲食店、商店が立ち並んでいたメインストリートには、今や商店が1~2件あるのみ・・・

1999年から町のシンボルとして地元民から愛された消防署の江名分遣所も、被災し撤去され、貴重な資材で建てられた船主の家の多くは被災し、取り壊されていきました。

 復旧はしたものの、何もない港になってしまいました。

 

昭和30年頃の江名港メインストリート

Before.jpg

 

現在の江名港

After.jpg

東日本大震災により被災したが、復旧工事が完了した状況。閑散としている。

 

 

 

住人たちで立上げた「江名の町再生プロジェクト」

1.2013年12月 有志たちによるまちづくり活動スタート 

地元の建築士が罹災調査に携わり、歴史ある建物が壊されていく現状を見て、「このままでは江名の町が消えていく」という危機感を感じ、有志4名で「江名町再生のための意見交換会」を始めました。江名の住民を1軒1軒まわり、この活動への参加を呼びかけ、2013年12月8日に第1回目がスタートしました。

 

建築士会.jpg
再生プロジェクト.jpg

2.2014年4月 江名の町再生プロジェクト発足

意見交換会は江名の再生に向けたプロジェクトとして始動しました。会員数32名。シンボルマークは江名のまちです。

 

シンボルマーク.jpg

 

 

 

お殿様の積出港、船主のまち江名に息づくお宝

多くの網元たちが住み暮らす江名には、貴重な日本建築の家屋、海とともに暮らしてきた文化が今もなお息づいています。

 

うだつのある日本家屋

たくさんの岡周りさん(水揚げの準備をする人)や女中を住まわせる船主の家はとても大きく、立派な建築資材を使った家が今も残っています

うだつ.jpg

壮大な神棚 

大漁と無事を祈願して、2階まで突き抜ける大きな神棚

神棚.jpg

江名の方言:お公家ことば

江戸時代、湯長谷藩の積出港だった江名には、いわき弁と一線を画す「お公家ことば」がのこっています。

おくげことば.jpg

 魚を大事に食べる日常の食文化

豊かな海洋資源にめぐまれた江名の食卓は魚介類をふんだんに使ったご馳走が並びます。そして魚霊塔を建てて、その恵に感謝して暮らしています。

食文化.jpg

 

江 名 の お ば ち ゃ ま た ち の 笑 顔 ! 

 おなかの底から「アハハ」と笑う、地元の元網元の奥さんたちの元気いっぱいの笑顔。

おばちゃまたちに会うと小さいことなど忘れてしまう!

今、江名の食文化を継承しようと、おばちゃまたち自らが立ち上がり「江名のおばちゃま食堂」を実現しようと奮闘してます!

 

おばちゃま.jpg

 

 

江名の古民家ホームステイのご案内

 

 

 【 開 催 日 】

 

 ■ 第一回:平成30912日(水)~916日(日) 45(受付終了)


 ■ 第二回:平成301017日(水)~10月21日(日) 45(受付終了)

定員:各回最大12名まで。申し込み先着順での受付となります。

申し込み必要事項については、申し込みボタンよりメール送信にてお問合せください。

 

【滞在中のスケジュール】

(予定)

 

 【主 催】

江名の町再生プロジェクト

 

 

contact-gr500.png

 

 

 

 

2018.11.21 Wednesday